なぜ必要?-結婚指輪ー

結婚は人生の一大イベント!

人生において「一生もの」であり、思い出に残るイベントが「結婚」です。ですが、ここ数年の間で「結婚」のあり方や挙式方法、ウェディングドレスのデザインが大きく変化してきています。そんななかで、結婚を控えている、あるいは結婚をしている人のなかには「ただでさえ結婚は結婚式などの費用がかかるから、高価な「結婚指輪」は必要ないのではないか」という疑問を持つ人もいるかもしれません。確かに、結婚指輪はそれ自体がとても高価なものであり、買う方も貰う方もさまざまな思いを抱えながら指輪選びを考えていることでしょう。そこで、今回はそんな「結婚」において結婚指輪がどうして必要なのかということについて考えていきましょう。

結婚指輪はなぜ必要なのか?

誰かと恋に落ちて、長い時間と付き合いのなかでお互いを知り、愛情で結ばれることが一般的な「結婚」のあり方の一つです。「家族」という大切な関係になるうえで大切なのが、「家族になりたい」という本人の「強い気持ち」であり、その気持ちを形にして、より相手に伝えやすくしてくれるのが結婚指輪の役割の一つです。 つまり、「結婚指輪を送る」という行為が現代でも残っている理由としては、長い歴史のなかでその役割が確立され、親しまれてきた方法として現代にも根付いており、「プロポーズ」をするにあたって、より効果的で優れた手段とされてきたからです。 必ずしも結婚指輪が必須というわけではありませんが、結婚指輪は「家族になった」ということを実感させてくれるものとして、あるいはその人が生涯身につけ続けるものとして、特別な意味を持っているといえるでしょう。