結婚指輪のデザインの種類は??

シンプルに見えて奥が深い?ストレートの指輪!

結婚指輪と聞いて、多くの人が連想するのがストレートタイプのデザインなのではないでしょうか。アーム部分がまっすぐで飾り気がない点が特徴です。プルメリアやマイレリーフなど、特徴的なレリーフが彫られている、ハワイアンジュエリーの結婚指輪もこのデザインが多いですよね。アクセサリーをつけることに抵抗感がある男性でも普段から使いやすいので、毎日結婚指輪を旦那さんにつけてほしい!と思っている女性はストレートの結婚指輪を選ぶといいでしょう。アーム部分の幅や丸みなどの要素を組み合わせることで、同じストレートタイプの指輪にも異なった個性が生まれるんですよ。最近ではストレートの指輪でも、ダイヤモンドを入れたりミル打ちを施すようになっています。

切り込みやカーブのあるデザイン

ストレート以外のデザインでは、柔らかい曲線を描いているウェーブと呼ばれるデザインと、真ん中にV字状の切り込みが入っているタイプのデザインが主流です。ウェーブ系のデザインのうち、アーム部分全体にカーブがかかっているタイプは特にS字と呼ばれています。ウェーブの中でも、ストレートタイプの指輪に少しひねりが入ったタイプが特に人気が高いようです。その優美な外見から女性向けという印象が強いですが、男性の指特有のごつごつした感じをカバーして、細く見せる効果もあります。V字タイプの指輪は、実際にはそこまで切り込みはシャープではありません。V字から派生したデザインとして、ソフトな外見のU字タイプも登場しました。