結婚指輪を日常でつける?つけない?

日常でつける理由とは

ただ何となくといった自然な流れで、結婚指輪を日常的に身に着けている人も実は多いものです。二人の絆を確かめられるものとして、大事につけている人もいるでしょう。外していると失くしてしまいそうだから、紛失防止のためにつけている人もいるはずです。相手からつけるように言われているなど、既婚者であることの証明にもなります。浮気を防止するために、毎日身に着けているケースも多いです。アクセサリーという視点で、ファッションアイテムとして活用している人も珍しくありません。結婚して家庭を持っていることは、周囲から信頼感を得やすいのも事実です。指輪を自慢したいなど、自分のステータスをアピールする手段にもなっています。

日常でつけない理由とは

結婚指輪が大切だからこそ、なかなか身に着けられないという人もいるでしょう。体質が変わって金属アレルギーになり、指輪をつけられなくなってしまったケースもあります。体重が増えて、指輪が入らなくなってしまった人も多いです。独身だと思われたいという理由で、あえて指輪をつけない人もいます。看護師や美容師など、仕事上の都合で指輪を外さなければいけないのも理由の一つでしょう。指輪に傷をつけたくない、大事にしまっておきたい人が少なからずいるのも驚きです。毎日つけていた指輪を紛失してしまい、買いなおしてからは毎日つけないことにした人もいます。人それぞれ状況が違ってくるので、結婚指輪に対する考え方もさまざまです。